熊本県山江村の大自然の中、ワクワクやドキドキがいっぱいの理科の実験や宇宙体験、天体観測、ロボット作り、そして算数を通して楽しく学ぶ英語漬けのサマーキャンプ。テントで寝たり、自然の中でのアクティビティーも盛りだくさん。5日後、子どもたちは「英語大好き」になって帰ってきます!

 

残り4名

お申し込みはお早めに

 

お問い合わせ・お申し込みはこちら

 

マリーの英語キャンプはここがすごい!

・英語に一番大事な自立心と度胸を身につける
・ほかでは体験できない本格的な理科・算数の学習を英語で行う
・株式会社うちゅうの協賛によりロケット作りや宇宙飛行士体験も
・科学的視点を身につけ、英語で考えるきっかけになる
・10年の経験を持つマリースクールのカリキュラムなので英語初心者でも大丈夫
・24時間生活する中で英語を使うことにより、自然と口から英語が出るようになる
・豊かな自然に囲まれた山江村で大自然のアクティビティーを楽しめる
・早期IT教育を取り入れ、各学校から注目されている山江村教育委員会が全面協力
・東京・大阪・熊本からの送迎あり
・お友達同士・兄弟での参加も大歓迎
・多数のネイティブの先生、日本人スタッフ同行で安心

 

写真は過去にイギリスおよび熊本県芦北町でサマーキャンプを行ったときのものです。

 

初心者歓迎!大自然の中で英語漬けの5日間

 

マリースクールでは、2019年7月29日~8月2日(4泊5日)、熊本県球磨郡山江村で英語サマーキャンプを実施します。

日頃は「英語を学習するための理科・算数」ですが、今回は時間をたくさん取って、本格的な理科・算数の学習を英語で行います。

午前中はマリースクールの方針でもあります「理科・算数を使っての英語学習」を行います。もちろん英語初心者の方、5歳の方でもわかるようにレベル別にクラス分けいたします。午後は「英語で実践」理科の実験や大自然の中のアクティビティーを英語のみで年齢別に行います。

教員はマリースクールからリケ先生、アキノ先生、デヴィッド先生、マイク先生、ブライアン先生、アミーラ先生、インターナショナルスクール卒業の大学生など8名、それに代表の川崎が引率いたします。1つのグループ3~4人に対しまして1人の教員がついて指導いたします。

また、今回のサマーキャンプは、熊本県の山江村教育委員会と株式会社うちゅうにご協力いただいております

 

■山江村教育委員会
豊かな自然に囲まれ、蛍でも有名な村ですが、教育にも大変熱心。10年前から生徒1人1人にタブレットを持たせ、2018年度も文科省実施の全国学力試験が国語、算数ともに全国平均をはるかに上回るという斬新な村です。本来の公教育のあり方を学びたく、キャンプ地をこの村にいたしました。
山江村ウェブサイト

写真は山江村現地周辺の風景です。

 

■株式会社うちゅう
株式会社うちゅうは全員「宇宙」好きの東大、東工大、横浜国大、神戸大、その他の大学院生、大学生さんで運営されている、これもまた教育や会社のあり方を考えさせられる興味深い会社です。大自然の中でロケットを飛ばし、無重力体験や宇宙について英語で学び、夜には天体観測などのプログラムも用意しております。
株式会社うちゅうウェブサイト

写真は株式会社うちゅうの過去のイベントの様子です。

 

英語サマーキャンプのスケジュール例
7:00   起床、魚釣り、地元の方と豆腐・こんにゃく作り、朝食
9:00   算数・理科・英語(英語学習のための理科・算数)
11:30 昼食、休憩、片付け
12:30 川遊び、室内ゲーム
13:00 株式会社うちゅうによる学習(ロケット製作、無重力体験など)
ハイキング、化学・物理・生物など教員の専門分野での理科実験教室
15:00 工作、ロボット作りなど
16:00 休憩、屋外スポーツ
18:00 夕食
19:00 天体観測、キャンプファイヤー
20:00 温泉タイム(近くの温泉にて)
21:00 ジャーナルを書いたあと就寝
※人数により内容が変更になる場合があります。

 

英語サマーキャンプの概要

 

日程:7月29日~8月2日(4泊5日、8月2日午後解散)
場所:熊本県球磨郡山江村キャンプ施設(Wi-Fiはつながりますが、生徒さんは携帯電話・ゲーム禁止)
対象年齢:5歳~中学3年生
募集人数約30名 残り4名(定員に達しましたら受付を終了させていただきます)
料金129,600円(税込) 食費、宇宙体験・ロケット作りなどすべての教材費、現地での交通費、施設費等込み。参加の生徒さんはお小遣いのみで大丈夫です。

交通費:熊本までの交通費は各自負担となります。東京から熊本までの航空券、大阪から熊本までの新幹線は、こちらで旅行代理店を通して団体割引料金で手配することも可能です。ご希望の方はお申し込み時にお知らせください。
集合場所
東京 羽田空港または成田国際空港より教員が引率
大阪 新大阪駅(新幹線)より教員が引率
熊本 熊本交通センターバス乗り場より教員が引率
※詳細はお申し込み後にお知らせいたします。

参加者向け説明会:熊本 7月3日(水)、京都 7月4日(木)、東京 7月6日(土)
※時間・場所、その他は後日お知らせいたします。
お問い合わせ:マリースクール Tel. 03-6435-2227

 

写真は過去にイギリスおよび熊本県芦北町でサマーキャンプを行ったときのものです。

 

お問い合わせ・お申し込みはこちら

 

マリースクールの「麻布メソッド」とは?

 

理科・算数を通して英語を学ぶ「麻布メソッド」は、東京・元麻布で10年以上英語教室を運営しているマリースクールが提唱する英語学習メソッドです。日本語を使わず、英語だけで理科・算数を教えるというと、よくこんな声をいただきます。

 

「算数や理科なんて、日本語で勉強しても難しいのに、英語だともっと難しいのでは?」
「インターナショナルスクールに通っているお子さんや帰国生さんのためのメソッド?」
「幼児からやらせるということは、英才教育の一種ですか?」

 

答えは、すべて「ノー」です。「麻布メソッド」は、最初からある程度英語が話せる子ども向けのメソッドでも、一部の子どもたちを対象にした英才教育のメソッドでもありません。私たちが英語を教えるツールとして理科や算数を選んだのには理由があります。

 

第一に、子どもたちの生活の中でよく使われる言葉が、理科や算数の中にはたくさん含まれていること。子どもの大事な世界は「遊び」です。遊びの中で使う言葉といえば、やはり数や形や色なのです。また、理科や算数などの自然科学は、基本的に答えが一つで、見れば内容が把握できます。だから、日本語に置き換えて考えることなく、英語をそのまま聞く練習に最適です。そして、何より面白い実験や興味深い算数の問題は、子どもの知的好奇心を呼び起こし、英語学習の動機付けになります。

 

 

知的好奇心が子どもの英語力を伸ばす

子どもはお仕着せの英会話学習では、なかなか英語を話したいと思ってくれません。しかし、自ら興味をもって取り組める実験や問題を通してなら、積極的に英語を使うようになります。興味や好奇心は、子どもの英語力を伸ばす大切な要素です。そして、それを引き出すツールとして最適なのが理科や算数なのです。

 

理科や算数を通して英語を学ぶ効果は、今までの生徒さんたちが証明してくれています。

• 5年生から初めてマリースクールで英語を学び、慶應義塾ニューヨーク学院に進学された方
• 2年生で帰国、4年生からマリースクールで学び、明治学院に推薦入学された方
• 毎年英検で1級ずつ進級される多くの生徒さん

 

これらは一例に過ぎません。「麻布メソッド」で学んだ多くの生徒さんが、生きた英語を身につけ、それを武器にさまざまな夢に向かって飛び立っています。

 

理科や算数で英語を学ぶメリットとは?

 

1. 子どもが使いたくなる英語が多く含まれる
子どもが英語を使いたくなる場面は、「日常の学校生活や遊びの場」にあるはずです。子どもは、大人が用意したシチュエーションでは日本語でさえ会話をしません。算数や理科の中には、数や形をはじめとして子ども同士の会話でよく使われる言葉や表現がたくさん含まれています

 

2. 日本語に置き換えずに英語を聞く練習に最適
日本語は聞く文化、英語は話す文化です。言語文化が違う子どもたちに、最初からペラペラ話すことを強いるより、まずはしっかり聞き取れるようになることを目指します。答えが一つで、見れば内容が把握できる自然科学(理科・算数)は、日本語に置き換えずに、英語をそのまま聞く練習に最適です。

 

3. 興味を引く実験や算数の問題で「やる気」が持続
子どもは楽しいことでなければ続けられません。ゲームや歌、反復練習だけではすぐに飽きてしまいます。大人が考える以上に子どもたちは知的好奇心が旺盛です。ワクワクする実験、何が起きているのか式を見ればわかる算数だからこそ興味をそそられ、学習意欲が長く続きます

 

特許取得の6ステップ学習法

 

「麻布メソッド」の理科の授業は、毎回下記の6ステップで行われます。この6ステップ学習法を採用したオリジナルテキストは特許を取得しています。この手順に慣れてくると、英語で「聞く」「考える」「解決する」「書く」「話す」ことが自然とできるようになってきます。つまり、頭の中を英語仕様に切り替えることができるようになるのです。

 

 

英語で考える習慣が身につく6ステップ授業

6ステップの中でも特に大事なのは「Guess(予想)」の過程です。問題に対してすぐに答えを提示するのではなく、子どもが自分で考えて予想する――。それを英語のみの環境の中で毎回行うことで、英語で考える習慣が身についていきます。また、子ども同士で結果を予想し合うことにより、実験への期待感が高まり、集中力が増すというメリットもあります。

 

理科だけでなく算数の授業でも、問題に対して「答えを予想する」という過程は随時取り入れています。

 

 

「麻布メソッド」で伸びる5つの英語力

・英語を聞く力

・英語で考える力

・英語で解決する力

・英語で書く力

・英語で話す力

 

マリースクールの教育理念

 

マリースクールは、インターナショナルスクールの元教員2人が2007年に東京・元麻布で開校しました。講師はインターナショナルスクールや学校での教師経験者が中心です。10年間の「麻布メソッド」の授業をもとに開発したオリジナルのテキストブックを使用し、きめ細かい指導を行うために「教科担任制」と「少人数制」にこだわっています。

 

 

現在、マリースクールは、元麻布本校のほか、京都教室、T-KIDS柏の葉教室、T-KIDS梅田教室で「麻布メソッド」を用いた教室を運営しています。

 

また、「日本の未来を担うすべての子どもたちに、平等に本物の英語教育を提供したい」というミッションのもと、「麻布メソッド」を広める活動も開始しました。小学校・中学校・幼稚園・保育園などで「麻布メソッド」が導入され始めています

 

「麻布メソッド」採用校
立命館小学校(京都)
西本願寺保育園(京都)
成城中学校・高等学校(東京)
牛込成城幼稚園(東京)

 

また、当校のユニークな指導内容やメソッドは、「プレジデント」「プレジデントFamily」「産経新聞」「熊本日日新聞」「内外教育」など、多くのメディアでも紹介されています

 

お問い合わせ・お申し込みはこちら

 

マリースクールの英語サマーキャンプのお申し込み、お問い合わせは下記のフォームよりご連絡ください。

 


サマーキャンプのお申し込みお問い合わせ(ご質問など)


※5歳、小3、中2 など


※初心者、小学校1年から、英検5級 など


東京大阪熊本


 

理科・算数を通して英語を学ぶ

マリースクール

〒106-0046 東京都港区元麻布1-4-4 元麻布ヒルズ301
TEL 03-6435-2227

 

Copyright (C) 2019  マリースクール All Rights Reserved.